不倫・浮気調査

MENU

浮気・不倫調査を依頼する時

配偶者(夫もしくは妻)の浮気不倫調査を依頼する場合、調査対象人を判別する資料を探偵事務所(もしくは興信所)提出してください。(画像写真と特徴、身長や体格、通勤経路(電車・車)、車種等)データが大量なほど素行調査は実行しやすいもの。

本当のことをしらないまま、急に別れを切りだされたり、浮気の真実に気がついた際には「時すでに遅し」で後悔するケースも。この時に受けるショックはとても厳しいもの。

調査にかかる金額は一日あたりの調査内容に対する基本価格となります。調査を行うスタッフ、調査に必要な実費などを含めた価格となります。

浮気への疑惑は、毎日ふくらみ忘れることができないものです。ひとりで苦しんでだとしても解決方法は見つけることができません。体が重いなど、メンタル的にも強い損害を受けます。

いまスグ離婚する考えではないけれど、証拠がつかめてストレスが軽減されてきます。(余裕を持つのは重要です)。法的に不定証拠は3年間有効となります。


平均としての浮気調査の費用は、調査を依頼する側の状況等によっても費用は変わりますが、相場的には1日10万円前後と言われてます。

調査完了したあとに、法律関連、離婚裁判の内容も手伝ってくれる会社もあります。なかには大手弁護士を紹介しているケースもあり、最善の解決策を取ることが可能となります。

調査以外にも、相手からの謝罪、離婚訴訟についての事案もサポート体制のある企業もあります。なかには大手弁護士を紹介しているケースもあり、最善の解決策を取ることが可能となります。

浮気調査を依頼する理由は、やり直す、離婚を考えている、慰謝料の請求などいろいろな事情が存在します。大切なことは、浮気が真実であるかを確認すること。

不倫調査(浮気調査)の依頼理由は、やり直す、離婚のため、謝罪の要求などケースもいろいろ。必要なことは、素行調査を実施して真実をつかむことです。


いまスグ離婚する考えではないけれど、証拠を掴んているので気分的に余裕が生まれるもの。(余裕を持つのは重要です)。法的に不定証拠は三年の間は有効です。

浮気をした後は兆候が出てきます。浮気疑惑があってもカンタンに解決しません。浮気はちょっとしたことで始まるので疑問に思った時に相応の対処がいります。

いちど感じた浮気の疑問は、ますます膨らみ続け消すことが困難となります。ひとりで苦しみを抱えても解決方法は見つけることができません。体が重いなど、精神的にもダメージがでます。

いまスグ離婚する予定ではないけれど、証拠を掴んているので有利な立場にある余裕が生まれます。(このメリットは大きいもの)。法的に不定証拠は三年間が有効となります。

いったん持った疑問は、日に日に増えそう簡単になくなりません。自分だけで悩みを抱え込んでも解消する方法は思い付きません。カラダの調子や、ストレスで精神にも影響がでます。